電話で予約 歯並び無料相談

大人のマウスピース矯正Mouthpiece

HOME > 大人のマウスピース矯正

  • 目立ちにくい外せるマウスピース矯正で理想の歯並びを

    マウスピースを装着する口元

    かつて矯正治療は、金属の目立つ装置しか選択肢がありませんでしたが、近年は目立たない装置を使って歯並びを治せます。
    矯正していることを周囲に気付かれたくない方、目立たない装置で治療したい方にマウスピース矯正が選ばれています。

  • マウスピースを装着する口元

マウスピースを使った
矯正治療の進め方

  • 1日20時間マウスピースを装着

    1日20時間マウスピースを装着

    装着時間の目安は、1日20時間です。
    (食事・歯磨きの際は外してください)

  • マウスピース矯正装置

    2週間毎にマウスピースを交換

    マウスピースを交換しながらプラン通りに歯を動かしていきます。

  • マウスピースを装着する口元

    1~3ヵ月おきに受診ください

    経過をチェックし、新しいマウスピースをお渡しします。

マウスピース矯正は
このような方にお勧めしています

口元を気にする女性
  • 目立つ矯正装置をつけたくない…
  • 矯正していることを周囲に気付かれたくない
  • 治療期間が長くて通院が大変そう…
  • 矯正をしたいけれど、費用が心配…
  • 気になる前歯だけを治せたら良いのに

和田歯科医院のマウスピース矯正

当院がマウスピース矯正をおすすめするのは、矯正治療に対するお悩みを解決してくれる、
次のようなメリットがあるからです。

  • マウスピース矯正装置をつけた歯の模型

    透明なので目立ちにくい

    薄くて透明なマウスピースは目たちにくく周囲にも気付かれにくいです。模型の画像をご覧いただくとわかるように、マウスピースを装着してあることに気付かない方もいらっしゃるほどです。

  • マウスピースを持つ手

    装置を外して食事ができる

    マウスピース矯正は一定の装着時間を守る必要がありますが、装置を外して普段通りに食事を楽しめます。マルチブラケットのように、注意すべき食材等もありません。

  • マウスピースを装着する口元

    痛みや違和感が少ない

    マウスピース矯正は、一度に大きな力をかけることなく歯を移動させるため、マルチブラケット矯正に比べて痛みが少ないのが特徴です。また、装置が口に当たることによる痛みや違和感も少ないです。

  • マウスピース

    お手入れしやすく衛生的

    矯正中の虫歯を心配される方が多いですが、装置を外して普段通りに歯磨きができ、装置自体も洗浄可能です。虫歯予防は必要ですが、お手入れしやすいのは大きなメリットだと言えます。

  • マウスピースを持つ手

    他の装置より通院回数が少ない

    マウスピース矯正は、治療計画通りに作製したマウスピースを定期的に交換しながら治療を進めます。定期的に経過のチェックは必要ですが、装置の調整が不要で、通院回数を少なくできます。

  • マウスピースを装着する口元

    治療のゴールや経過を確認できる

    口腔内スキャナーで取得したデータからシミュレーションし、事前に治療後の歯並びを画像ご確認いただきます。プラン通りに治療が進んでいるのか、経過もその都度ご確認いただけます。

  • POINTマウスピースで歯が動く理由とは?

    マウスピースで歯が動く理由

    マルチブラケットは、ワイヤーを調整しながら歯に力をかけて歯を動かします。マウスピース矯正も、歯を動かす仕組みはマルチブラケットと同じであり、マウスピースで小さな力をかけ続けることによって歯を動かしていきます。

    マウスピースは、口腔内スキャナーで取得した歯型データを元に作製されますが、歯型にぴったり合うものではなく、わずかな隙間があり、少しずつ歯に力がかかるように設計されています。

    作製されたマウスピースはすべて同じように見えますが、すべてが少しずつ違っていて、治療計画通りに歯が移動するよう3次元画像技術とCAD/CAM技術を駆使して設計・製作されます。

他の矯正装置との違い

マウスピース矯正はメリットの多い矯正治療であると言えますが、矯正装置によって異なる特徴を把握し、
患者様のご希望に合った矯正装置を選択することが大切です。
もちろん、歯並びの状態によって適した装置が異なる場合もあるでしょう。

  • マウスピース矯正

    マウスピース矯正
    メリット
    • 装置が目立ちにくい
    • 外して食事ができる
    デメリット
    • 装着時間の管理が必要
    • 他装置よりも対応できる
      症例が限られる
  • マルチブラケット矯正

    マルチブラケット矯正
    メリット
    • 他の装置に比べて費用が
      抑えられる
    • 幅広い症例で対応可能
    デメリット
    • 金属の場合は装置が
      目立つ
  • 裏側矯正

    裏側矯正
    メリット
    • 装置が見えず、
      周囲に気付かれにくい
    • 舌癖が改善されやすい
    デメリット
    • 慣れるまでは、
      しゃべりにくい
    • 比較的費用が高い

マウスピース矯正のデメリット・注意点

マウスピース矯正には、次のようなデメリットや注意点もあります。
メリットだけでなく、デメリットも
把握したうえでご自身に合った矯正治療を選択することが大切です。

  • 装着時間の管理が必要

    マウスピースの装着時間が短いと、思うような効果が得られません。

  • 他装置と併用が必要な場合がある

    適応しない症例もあり、他の装置と併用が必要な場合もあります。

  • 装置を紛失する可能性がある

    紛失した場合は、別途費用がかかったり、治療プランに影響したりする場合があります。

-関連記事-