電話で予約 歯並び無料相談
  • 電話
  • 症状やご希望に合わせた矯正歯科治療をご提供します

    当院では、目立ちにくい透明なマウスピース型カスタムメイド矯正装置(以下、マウスピース)やワイヤー矯正などさまざまな矯正装置を使用し患者さんお一人ひとりに合わせた矯正歯科治療をご提案しております。

不正咬合について

小児矯正歯科の種類

小児矯正歯科には、3歳から低学年ぐらいまでに行う第1期矯正歯科治療と、第2期矯正歯科治療に分かれます。第1期矯正歯科治療から矯正を行うことで、歯を抜くリスクなどを下げるメリットなどがございます。

第1期矯正歯科治療(永久歯が生える前からの矯正)

  • マイオブレース

    マイオブレースとは5~10歳から始められるマウスピースを使った矯正治療です。ただ歯並びを整えるだけでなく、お口の中の習慣・癖を改善していきます。

  • 口腔周囲筋トレーニング

    口腔周囲筋トレーニング(MFT)とは舌や唇、頬など、お口の周りの筋肉を強化してするトレーニングです。 MFTは、歯並びを悪化させている原因となっている舌の癖や、口呼吸などの習慣を改善していきます。

第2期矯正歯科治療(混合歯列期の矯正)

  • 唇側矯正(ワイヤー矯正)

    当院の唇側矯正(マルチブラケット矯正)は、透明なブラケットを使用し極力目立たない装置を使用しています。

    メリット デメリット
    幅広いケースに対応できる
    話しやすい
    唇側矯正が最適なケースがある
    矯正装置が見える
    違和感がある
    汚れが付きやすく歯磨きがしにくい
    口元の突出感がある
  • インビザライン・ファースト

    インビザライン・ファーストは、乳歯と永久歯の交換期にある子供のためのマウスピース型矯正装置です。マウスピースを装着しないと改善に影響することがありますがワイヤー矯正に比べて痛みも少なく治療になります。

    メリット デメリット
    歯列矯正により成長過程にある患者様の笑顔を改善
    2期治療がより短期に、より簡単に
    咬み合わせの問題が悪化することを予防
    指しゃぶりや舌の突出癖などの習慣の改善をサポート
    自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります
    海外輸入となるため、お手元に届くまでに1ヶ月以上の時間をいただく場合があります
    患者さまの症例によっては使用できない場合があります
    一日の中で、長時間装着していただく必要があります
    装着時間が短いと、マウスピースとの適合性が悪くなり、作り直す可能性が出てきます

小児矯正歯科はこちら

成人矯正歯科の種類

成人矯正歯科では、目立たないマウスピース矯正(インビライン)を前歯だけを矯正するインビラインGO、マウスピース矯正では難しいケースでも対応できるワイヤー矯正などもご提案し患者さんに合わせた矯正歯科治療をご提案しております。

  • インビザライン

    インビザラインは、今までの矯正歯科治療との違いはクリーンチェックというシュミレーションを使い、治療前と治療後をお見せすることができることにあります。またマウスピースに使用される材料そのものは薬事承認されており、安全にご使用いただけます。

    メリット デメリット
    透明なので治療中なのが気付かれにくくなります
    金属アレルギーの心配がありません
    取り外しができるので、ケアがしやすくなります
    取り外しができるので、装着時の圧迫感や痛みは少なくなります
    通院回数が少なくて済みます
    自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります
    海外輸入となるため、お手元に届くまでに1ヶ月以上の時間をいただく場合があります
    患者さまの症例によっては使用できない場合があります
    一日の中で、長時間装着していただく必要があります
    装着時間が短いと、マウスピースとの適合性が悪くなり、作り直す可能性が出てきます
  • インビザラインGO(前歯の部分矯正)

    インビザラインgoは、前歯の矯正治療に特化した治療期間が短く費用が抑えられたマウスピース矯正歯科です。インビザラインの特徴である痛みの少ない点や取り外しが可能な点などもしっかりと受け継がれております。

    メリット デメリット
    前歯だけの矯正ができる
    目立ちにくい
    違和感や痛みがほとんどありません
    治療できる症例が限られます
    装着時間が守れないと効果が現れにくくなります

大人のマウスピース矯正はこちら

  • 唇側矯正(ワイヤー矯正)

    当院の唇側矯正(マルチブラケット矯正)は、透明なブラケットを使用し極力目立たない装置を使用しています。マウスピース矯正では難しいケースなどにご提案させていただく矯正歯科治療となります。

    メリット デメリット
    幅広いケースに対応できる
    話しやすい
    唇側矯正が最適なケースがある
    矯正装置が見える
    違和感がある
    汚れが付きやすく歯磨きがしにくい
    口元の突出感がある
  • 舌側矯正(裏側矯正)

    マルチブラケット矯正装置を舌側に装着して歯を並べる矯正歯科治療です。外側から目えないという点が最大のメリットになりますが、発音しづらいなどのデメリットもございます。表側にワイヤー矯正をしたくない方でマウスピース矯正では難しいケースなどにご提案させていただく矯正歯科治療となります。

    メリット デメリット
    外から見えないのが最大のメリット
    前歯が引っ込みやすくなる
    装置の違和感を感じる
    発音がしづらい
    食事のストレス
    歯磨きが難しい