マウスピース矯正の流れ|徳島の矯正歯科・マウスピース矯正なら和田歯科医院

        電話で予約 歯並び無料相談
  • 電話

マウスピース矯正
治療の流れ
Treatment flow

当院の初診無料相談から
保定期間までの流れ

院長

当院における、マウスピース型カスタムメイド矯正装置を使った矯正治療(以下、マウスピース矯正)の一般的な流れをご紹介します。

治療の内容や矯正期間から、費用やお支払方法までご相談に応じておりますので、お気軽にご相談ください。

マウスピース矯正を始めとする矯正治療は、虫歯治療などの一般診療とは異なり、長期にわたって通院しなくてはなりません。お子様連れでも相談・治療を受けていただけるよう、当院のキッズルームでは保育士による託児サービスを行っています。

3dスキャニングする歯科医師

process1 無料相談[初診]
(30分)

3dスキャニングする歯科医師

歯並びのお悩みや、矯正治療へのご希望をお伺いします。当院では、医師が実際にお口の中を拝見するだけでなく、口腔内スキャナーを使って治療のシミュレーションを行います。

治療中・治療後の歯並びイメージを見ながら、矯正治療についてご説明します。

女性が相談しやすい環境づくりに努めています

和田歯科スタッフ

「同性に相談したい…」という方のために、当院には女性医師が4名在籍しております。

また、マウスピース矯正治療中のスタッフが3名、治療を終えたスタッフが2名おり(2020年2月現在)、経験に基づいたお話ができます。女性医師に相談したい、スタッフの話が聞きたい方は、予約時にお申し付けください。

和田歯科スタッフ
レントゲンを指差し説明する歯科医師

process2 資料採得
(20分)

レントゲンを指差し説明する歯科医師

資料採得では、お顔(正面・横顔)や口腔内の写真撮影、レントゲン撮影、歯型採取などを行います。正確な矯正治療計画を立てるため、お口の中だけでなく、頭部全体の詳細なデータを取得します。

また、このとき虫歯や不適切な被せ物などがある場合は、矯正治療を開始する前に治療してしまいます。

歯並び無料相談
カウンセリング中の歯科医師

process1 治療計画のご説明・
ご契約

カウンセリング中の歯科医師

資料を基に治療計画を立案し、流れや矯正期間などをご説明します。計画に対して疑問点やご希望がありましたらご相談ください。必要があれば治療計画を修正いたします。

最終的な計画に同意いただけましたらご契約いただき、矯正費用を一括もしくは分割でお支払いください。お支払いに関しても事前にご説明を行いますので、お気軽にご相談ください。

マウスピース矯正装置をつけた歯の模型

process4 矯正治療開始

マウスピース矯正装置をつけた歯の模型

治療計画を承認いただいてから、約2週間半後に矯正治療が開始します。マウスピースをお渡しし、使い方や使用上の注意点についてご説明します。

必要な方には、歯を効率に動かすためのアタッチメントやボタンの設置や、歯を並べるスペースを作るIPR(ディスキング)を行います。

治療中の歯科医師

process5 経過観察

治療中の歯科医師

最初のマウスピースを装着してから2週間後にご来院いただきます。1日20時間以上装着しているかなど、患者様からお話を伺ったり、歯が移動しているかを確認したりします。

その後は、1~3ヶ月ごとに通院いただき10~15分程度の経過観察と、新しいマウスピースをお渡しします。

保定期間

process6 矯正治療開始

保定期間

歯を並べるための矯正期間が終わりましたら、動かした歯を安定させるための保定期間へと移行します。

矯正直後は、移動した歯が元の位置に戻ろうとするため、整った歯列を維持するために保定装置(リテーナー)を装着していただきます。

-関連記事-